店舗デザインは現場確認が大切!業者任せにしないメリットとは?

店舗デザインの基本的な流れ

店舗デザインをするときには経営する店舗の業種や経営者のこだわりに基いてコンセプトを決め、それを具現化するためのレイアウトや内装、外装を考えるのが基本です。そして、具体的なデザインを業者と打ち合わせしながら確定し、工事の依頼をして店舗を作り上げてもらいます。大まかにはこのような流れで店舗デザインが進められていきますが、デザインにこだわりがある場合にはデザイナーなどのプロに相談しながら決めることも少なくありません。デザインが決まったら後は業者任せに工事をしてもらうのが一般的ですが、理想を追求するためには完全に業者に任せてしまわないことが大切です。

工事を始めたらできるだけ現場へ

店舗デザインを考えて設計書などを作成したとしても、完全にその通りに業者が工事をしてくれるとは限りません。イメージに齟齬があった場合には想定していなかったようなデザインに仕上がってしまう可能性があります。そのため、工事を依頼したら現場にできる限り通って様子を確認するのが肝心です。業者によってはもし好まない部分があったときにはその場で指摘することで改善してもらうことができます。また、図面で考えていた姿と現場で見た様子とではギャップを感じることもあるでしょう。そのときに工事を一旦停止してもらい、内容を再度打ち合わせすることも可能です。店舗は一度作り上げてしまうと再度作り直すのはコスト的にも困難になるkとが多いので、一度で完璧な形を目指すように心がけましょう。

職種としての内装デザインは、空間をどのように利用し快適に過ごせるか、を多くの建築的な制約の中で具現化するクリエイティブな職業です。