陳亭の資料でよく見かける敷金や礼金の意味について知っておこう

敷金の意味について知っておこう

賃貸の物件を見ると、必ずと言っていいほど見かけるのが敷金や礼金という文字です。敷金や礼金は賃貸の契約が決まった際に支払うお金ですが、納得して支払うためにどのような意味があるのかあらかじめ知っておきましょう。
敷金というのは、賃貸物件で生活しているうえで万が一大きなキズが付いてしまった場合に原状回復させる時に使用されるお金として、あらかじめ支払ってお金です。
住んでいる途中で該当する事例があった場合は使われますし、特に何もなかった場合は退去後のクリーニング費用として使用されることもあります。敷金は特に使用することが無かった場合、退去後に残金分が返ってくることもあります。物件によって取り扱いが違うので入居前には確認しておきましょう。

礼金の意味についても知っておこう

一方、礼金ですが、礼金は入居時に何かに使われるというようなことはありません。礼金は入居する際にお世話になりますというお礼の意味を込めて支払うお金です。敷金と違って退去時に帰ってくることはありません。単刀直入に言えば、礼金はそのまま大家さんの儲けになります。意味を知るとなんだかもったいないと感じるお金ですが、実は礼金は入居時の初期費用を削る際に最も狙い目となる項目なのです。もし入居時のお金を少しでも減らしたいなと考えているのであれば、家賃の値引きを交渉するよりも、礼金をカットしてもらえるか聞いた方が引いてもらえる可能性はとても高いです。また、最近では礼金なしの物件も増えてきています。

菊水の賃貸は、札幌の中心部から近いこと、スーパーやドラッグストアなどが多いことから暮らしやすいと言えます。