おしゃれな家にはこれが使われている!?おしゃれで快適な家とは?

使ってみたい!?あこがれの無垢材!

床材にはいくつか種類がありますが、その中でもリビングや廊下などに使われることが多いフローリング、特に、オシャレに見える無垢フローリングを紹介したいと思います!
無垢フローリングとは、合板の上に1ミリほどの化粧単板が貼り付けられたものが複合フローリングといいます。無垢フローリングは一枚の板から作られるフローリングです。一枚の板から作られているため、自然そのままの木材の素材感が強く感じられるのが特徴です。部屋全体が木の柔らかなぬくもりのある雰囲気となり、とてもおしゃれに見えます。また、真冬に素足で歩いても無垢フローロングなら冷たく感じにくく、寒い時期にも快適に過ごしやすい床材です。

オシャレに見える照明のつけかたとは?

オシャレでくつろぎを与える照明にするには、明るくて少ない照明で明るさをとるよりも、明るさの少ない補助照明や関節照明をバランスよく取り付けることがポイントです。
補助照明とは、ダウンライト、スポットライト、ブランケットなどがあります。
間接照明とは、照明の光を直接使うのではなく、壁や天井などに反射させて照らします。
大きな照明がなく、間接照明のような小さな明かりではとても暗く感じるのでは?と心配する方もいると思います。しかし、明るさを確保するために必ずしも一つの照明だけで賄う必要はありません。間接照明を複数使って明るさを演出する多灯照明という方法では、生活している中で暗さを感じにくく、尚且おしゃれでくつろぎのある空間にすることができます。そこで、全体を明るくする主照明に補助照明や間接照明を組み合わせる方法がおすすめです!

新幹線の開通から東京金沢間の移動が大変速くなり金沢近郊は観光客であふれています。3000万の家でも土地値が安い分立派で都会に比べると、立派で使いやすいものが多いです。