賃貸物件を借りる時に必要な敷金と礼金とは?

敷金と礼金の概要について

賃貸情報誌や不動産検索サイトで賃貸物件を見ていると、敷金礼金という言葉が必ずと言って良いほど掲載されていますが、この敷金と礼金とは一体どんな意味があるのでしょうか。既に何度も賃貸物件を借りている方であればご存知でしょうが、初めて賃貸物件に住む人にとっては解りにくいものだと思います。敷金礼金とは、簡単に言えば賃貸物件を借りる時の初期費用の1つです。敷金は退去時における原状回復のための費用であり、原状回復にあまりお金がかからなければ、差し引いた分が戻ってくる仕組みになっています。敷金の相場は、家賃の1ヶ月分ぐらいです。一方、礼金は大家さんへのお礼金として支払うものです。こちらはお礼として支払うお金なので、基本的に戻ってくることはありません。この礼金の相場も、家賃の1ヶ月分程度だと言われています。

意外と多い敷金と礼金が0円の物件

実際に賃貸物件サイトを色々とチェックしていると、敷金と礼金が0円の物件も多数見受けられます。一体なぜ無料にしているのかと言えば、敷金礼金を無料にすることによって、出来るだけ早く誰かに入居して欲しいと大家さん側が考えているからです。様々な地域の賃貸物件を調べてみると、空室の賃貸物件が少ない地域程、敷金と礼金はしっかり請求する傾向にあります。これとは逆に、空室の賃貸物件が多い地域は、敷金と礼金を無料にしているケースが少なくないのです。敷金と礼金が0円の物件は、初期費用を抑えたい借主にとって大きな魅力であることは間違いありません。

新札幌の賃貸を借りる利点は、地下鉄やJRの交通網が発達している所にあります。JRでは快速が停車し、もし積雪によりJRが止まった際には地下鉄での移動手段が取れるのでたどり着けないという心配がありません。